TOP  » IVY REPORT 概要  » 社長訪問・企業探訪 vol.02


社長訪問・企業探訪

ネッツトヨタ南国株式会社

トヨタビスタ高知株式会社(現ネッツトヨタ南国株式会社)は、2002年度に日本経営品質賞(中小企業部門) を受賞されました。

代表の横田社長は、「個人の活性化のために、組織は存在する」との信念のもと、今日まで企業経営を続けて こられました。横田社長は一見物静かな哲学者風の雰囲気を醸し出す、人間的魅力にあふれた経営者です。

社長のリーダーシップは、ぐいぐい引っ張っていくタイプではなく、方向性を示し、社員一人一人を信頼して任せきる、 エンパワーメント型組織において、進化を促す新しいリーダーシップのあり方を示しています。

全社員は、横田社長の信頼に応え、自主的に、お客様との多様な接点において、様々な革新活動に取り組み、お客 様の信頼をかちとり、業績を上げている企業です。

顧客価値の創造を目指す新しいリーダーシップの展開

「人間性尊重の理念に基づき、第一に従業員満足を追求する。そして、その従業員が求める私たちのあるべき姿として、お客様満足 を追求し続ける」という信念に基づき、既成の自動車ディーラーのビジネスモデルを大きく覆す斬新な事業運営を実践するため、横田社 長のリーダーシップのもと、社員との価値観共有の徹底を図っています。このリーダーシップの発揮が、トップレベルの事業成果の達成 と日本全国のトヨタ販売会社(308社)の中でお客様満足度ナンバーワンを連続達成に結びついています。

お客様満足の最大化を追求する独自のマーケティング展開

「ショールームはお客さまのもの」という発想から、来店時には、車のナンバープレートから登録したお客様名を瞬時に把握し、車の ドアを開けると同時にお客様の名前を呼び、ご挨拶することから始まります。新車をショールームから排除し、 お客様がリラックスできる 大きな喫茶スペースに転換、 お客様一人ひとりの飲み物の好みまで登録し、心地良い場所で、飲み物が頂ける環境にしています。
また、修理工場との間を一枚ガラスにし、お客様がいつでもマイカーの修理・点検状況を見れるようにするとともに、担当サービスエンジニ アがマイカーの状態を説明に来るなど、営業現場社員、店頭営業社員、サービスエンジニア、 ショールー ムスタッフが、現場で素早く緊密 に連携することで、高いお客様満足度を実現しています。「一度でも車を買われた方は、たとえ、他車に乗り替えられても、すべて、わが社 のお客様である」との認識のもと、お客様カードを充実、活用するなど、「お客様との関係性を増幅する」という独自の考え方に基づくマー ケティングが、長年にわたって展開されています。

社員の「気づき」を高め、「やりがいのある組織作り」を目指す「社員重視のマネジメント」の展開

「人間は革新するのは難しいので、変化し続ける>>進化」をテーマに、社員全員誰もが、参画できる戦略策定会議やプロジェクト活動等 を通じ、「気づき」と「考える」風土を創り上げています。また「やりがいのある組織作り」を 目指して、実践成果に基づく報酬制度・表彰 制度の確立、戦略的人事による人材配置・優秀な社員の採用など、社員の自主性や事業貢献意欲を高揚する、社員重視 のマネジメントを行っ ています。
その結果、全員が「自己経営(セルリーダーシップ)」を発揮し、活き活きとした職場環境を醸し出しています。その結果は、社員満足度調査 において、 「自分が理想とする人間的成長」、 「仕事そのもののやりがい達成感」などの高得点に現れています。

ネッツトヨタ南国株式会社(旧トヨタビスタ高知株式会社) 企業DATA

創立
1980年4月
代表者
代表取締役社長 横田英毅
資本金
4,800万円
従業員
101名
本社
高知市南川添10-1
事業所
高知店:高知市南川添 野市店:香美郡野市町
売上高
35,7億(平成16年3月決算)
ホームページ
http://www.vistanet.co.jp/

経営羅針盤

当社代表の吉田によるコラム。気になる経営の話題を鋭い視点で解説します。
経営羅針盤をみる

アイビーズ・アイ

研修企画コーディネイター・堀による企業研修・セミナーなど人材育成の現場にまつわるコラムです。
アイビーズ・アイをみる