TOP  » IVY REPORT 概要  » 社長訪問・企業探訪 vol.03


社長訪問・企業探訪

J・アートレストランシステムズ株式会社 前編

今回は、2005年度日本経営品質賞中小企業部門で受賞された、J・アートレストランシステムズ株式会社をご紹介 します。

J・アートレストランシステムズ(株)は、愛知県と岐阜県で「ロッソえびすや」というイタリアンレストランチェーン を6店舗経営している企業です。社長である望月さんは、以前、三和総研のチーフコンサルタントとして活躍しておられました。ある外食 産業のオーナーから、「新業態としてイタリアンレストランを始めたが、赤字なので経営改善を手伝ってもらいたい」と頼まれ、1999年 2月に専務に就任、8月には社長に就任しました。様々な試みを実施した結果、当初数ヶ月間に黒字に転換し、業績は順調に推移していたの ですが、1年後に突如解雇されてしまいました。

しかし後任の社長は就任後わずか7ヶ月で業績が悪化してしまい、赤字体質へと転落していきました。 そのため2000年12月に再度、経営への参画を要請され、社長に復帰しました。なんと、2001年1月期には売上高11億円に対 し4億円の当期赤字企業になっていました。債務超過のその後3年間は必死で働き、2004年には累積債務3億円を一掃、2005年には 毎月単月黒字がコンスタントに出るようになりました。

望月社長はどのようにして、倒産寸前の会社を再建したのでしょうか?

望月社長が復帰後行ったのは、もっとも大切な価値観の共有と浸透です。

それまで従業員は「経営理念は額に入っているもの、実践とは別」と考え、目指す価値観も従業員にとっては不明確でした。 今では、経営理念・価値観が明確化され、従業員もその大切さを実感できるようになりました。経営理念・価値観の徹底浸透こそが成長の 成否を握るので、「規則の経営から原則の経営へ」の転換を行いました

J・アートレストランシステムズ社での原則とは、次の通りです。

  1. 正しいことを正しくやる
  2. 全員納得の原則
  3. 3つのスローガンと8つの約束事

【3つのスローガン】

  1. 美味しさの追求
    常に原点に戻り、本来の姿・お客さまの求める味は何かを突き詰めます。
  2. 利他主義の徹底
    人のために仕事をする。周囲の人が楽になるような仕事をすることが、結局自分 自身と全員の仕事を楽にし、生産性が向上します。
  3. ありがとうの追求
    “青カード”をたくさん出しましょう。お客様から、ありがとうとどれだけ言って いただけるか、そして、周囲の仲間にどれだけありがとうと言えるか、これがすべてです。

【8つの約束事】(従業員・ビジネスパートナーに浸透)

  1. 約束事を守ります
  2. 嘘をつきません
  3. 愚痴、陰口を言いません
  4. トライする前に出来ないと言いません
  5. 失敗を他人のせいにしません
  6. 積極的に発言し、果敢に行動します
  7. 他人の意見を聴きます
  8. 人として恥ずかしいことはしません

J・アートレストランシステムズ(株)は「量的な拡大による成長ではなく、質的成長を図る。質的な成長とは、品物やサービスの質 だけが品質ではない。全員が同じ視点で経営の品質を高めよう」という価値観を重視しています。この考え方を支えるのが「自主性」 「創造性」と「チームエンパワーメント」です。その具体的な取り組みとして、顧客満足度アンケート、四半期全員で取り組む経営品質チェッ クシート、必要な情報を取る情報カードなどの仕組みを定着させ、実施してきました。

情報カードは、社員のもとに毎月100件以上(昨年度は年間1600件)届き、経営理念・価値観共有のため独自の仕組みとして 構築されています。クレームを“赤カード”、他者情報や要望などの意見を“白カード”、お褒めの言葉は“青カード”に分類されています 。現場のアルバイトさんや正社員からの意見・要望や、お客様からの携帯メールを通じての要望などに対する回答は即日トップから行われ、 同時に全店舗に配信、情報共有化が図られます。これは改善活動や商品開発、従業員の満足度向上にも着実に効果を上げています。 例えば新しい料理のコンテストでは、24の新しいレシピのうち4件がアルバイトさんの提案から取り上げらました

この会社では、自分たちの意見で会社が変わることこそが、「自主性」「創造性」を育む鍵という考え方が培われてきました。 そして上記にあった“青カード”は、お客様からの感謝の言葉や従業員同士の「ありがとう」の言葉が述べられ、従業員の満足度向上に 大きく貢献しています。

J・アートレストランシステムズ(株)は、「どこよりも自主性と創造性に溢れ、チームワークの良いワールドクラス の経営品質レベルを有する、イタリアンレストランチェーンになる」というビジョンを掲げ、日夜努力をされています。詳細について は、経営品質報告書要約版が出版されています。興味のある方は、ぜひそちらもご一読ください。

J・アートレストランシステムズ株式会社 企業DATA

本社
岐阜県各務原市蘇原東鳥町4-61
売上高
6億150万
営業利益
3,600万
従業員
正社員19名/アルバイト・パート43名
店舗数
6店(直営3店、FC3店)
対象顧客
20歳後半〜50歳代の女性の人達のファミリー層
目指す姿
郊外ロードサイト中心「地域で一番お客様満足殿の高いイタリアンレストラン」

経営羅針盤

当社代表の吉田によるコラム。気になる経営の話題を鋭い視点で解説します。
経営羅針盤をみる

アイビーズ・アイ

研修企画コーディネイター・堀による企業研修・セミナーなど人材育成の現場にまつわるコラムです。
アイビーズ・アイをみる