TOP  » 中小企業支援  » 日本経営品質プログラム


日本経営品質プログラム

顧客本意に基づく卓越した業績を生む経営革新の実現します。

「経営品質向上プログラム」と「日本経営品質賞」

経営品質向上プログラムは、世界的な経営革新のデファクト・スタンダードと言われる米国「マルコム・ ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」によるセルフアセスメント(自己評価)の考え方を範として、アジアや欧米 をはじめ60以上の国・地域で実施されているグローバルな経営革新プログラムです。最新の経営理論を取り入れた ものですので、わが国最高の経営革新プログラムと言えます。

「経営品質向上プログラム」が目指す方向は、パフォーマンス・エクセレンス、すなわち、顧客本位にもとづく 卓越した業績を生み出す仕組みづくりです。

1995年に創設された日本経営品質賞は、「経営品質向上プログラム」の中核的活動であります。現在では、 新潟県、福井県、千葉県、栃木県、ひょうご県、関西等の各県毎に経営品質賞が設定されています。

日本経営品質賞は、毎年、大企業、中小企業部門ごとに表彰され、経営品質を評価する制度として定着しています。 経営品質賞の基本理念は、顧客本位、競争力強化、社員重視、社会との調和です。多くの企業がセルフアセスメントの 考えを企業内に取り入れ、経営品質強化に取り組んでいます。

「経営品質向上プログラム」導入のメリット

  1. 世界に通用する卓越した業績を生む経営体質をつくる
  2. すべての業務活動において経営の有効性と改善領域が明確になる
  3. セルフ・アセスメントにより時代の変化に対応できる自己変革能力を高める
  4. 「経営品質プログラム」を基準とする多様な改善活動の実効性を高める
お問い合わせ

経験豊富なコンサルタントによる「経営品質プログラム」導入・日本経営品質賞申請等のお手伝いを行っております。 お気軽にお問い合わせください。

TEL.06-6647-0015 E-mail.ivyinfo@ivyjp.com 【担当】安田