TOP  » 公開セミナー一覧  » TA


TA・交流分析入門コース

人のこころのシステムを学ぶ2日間

自分を知って、他人を知る
人間関係のスタートはここからです。
わかりやすく、使いやすい心理学として世界各地で学ばれているTA(交流分析)。
その国際標準基礎コースがTA101です。

TA101とは、エリックバーンが創案したTAのオリジナル理論が学べる国際標準化された基礎プログラムです。
長年、トレーニングを積んだ有資格者のみが開催できるプログラム。質の高いTAを皆様にお届けします。

TA(交流分析)・・どこかで聞いたことはありませんか?

では、ストローク、エゴグラム、I'm O.K. You're O.K. 人生脚本などの言葉はどうですか? 心理学を少しお勉強されていたり、企業研修をお受けになったりされている方であれば 「それだったら・・少しは聞いたことあるかも・・」という方が大勢いらっしゃるかもしれません。

TA(Transactional Analysys:交流分析)は1957年にアメリカの精神科医エリック・バーンが創案し、実用化した、 心理療法のための心理学です。人間の心の状態を図式化し、目で見える形にしたのが、「簡単でわかりやすい」と世界で普及していった 理由の1つともいえるでしょう。
(詳しくはTA101とはをご覧下さい。)

日本に紹介されたのは、1970年代。日本で初めて心療内科を確立した池見酉次郎医学博士が、臨床現場に取り入れたのが始めです。 まず、診療内科のための理論として普及し、発展した経緯から、診断ツールとして「エゴグラム診断」が発達しました。 (実は診断タイプのエゴグラムは日本だけのもので、オリジナル理論にはありません)

グローバルに普及するオリジナルTA理論「TA101」を是非皆様に学んでいただきたい!!という思いで、本コースを開講しています。 心理学というと小難しそうですが、それは偏見!身近なテーマを話合いながら、自分発見の2日間はまるで吉本新喜劇?・・・ 安部先生の心地良い大阪センスが光る講義は、時間が経つのを忘れてしまうほどです。

もちろん、笑い&心地良さだけで、あーよかった・・だけということはありません。心理学を、皆様にわかりやすくお伝えできるのも 講師の実力の1つ。真剣にTA修得を・・自分発見を・・とお考えの方も、きっとご満足いただけると思います。 なぜなら、講師は世界基準の実力を持つ、国際TA協会認定の准教授の有資格者。あなたが欲しい課題解決の鍵をお渡しすることができること でしょう。

「心理学に興味がある」「カウンセリングの勉強がしたい」「自分発見をしてみたい」と思われている方はもちろん、 「人間関係は改善したいが、心理学は敷居が高くて・・」「円滑なコミュニケーションを・・と思ってはいるが、どうしたらよいか良く わからなくて・・」という方も大歓迎!

TAは人生のあらゆるシーンで役に立ちます。まずは、ご体験ください!
修了者には国際TA協会認定「TA101」修了証を発行いたします。

本コースはITコーディネータ知識ポント対象セミナーとしての認定を受けています。
詳しくは、ITCポイント対象セミナーのページをご覧下さい。

内容・プログラム

TA101コース(7.5時間×2日:計15時間)

以下の代表的なTA理論を学習します。
講義 → ワークショップ → 振返りの体験学習型のプログラムです。

一日目(7.5時間)

  • TAの基本的考えの紹介:グランドルール
  • 自我状態:私に内在する5つのキャラクター
  • エゴグラム:自我状態のエネルギーの流れ方
  • 交流分析:会話を分析、図式化してみる
  • ストローク:存在認知の行動、理論と自分の摂取状況と供給状況(ストローク)
  • ライフ・ポジション:ストレス時に無意識で行く精神的自分の居場所

二日目(7.5時間)

  • ラケット感情:お気に入りのイヤな感情、その生まれた経緯と現状
  • ゲーム:繰り返し起こるイヤな出来事とそのシステム
  • 時間の構造化:人間関係と時間の過ごし方
  • 人生脚本:幼少期に決断した自分の人生の物語。手直しも可能。
  • ドライバー:無意識下で作動する人生を制約する5つのシステム
  • サラブレーション

セミナー開催日程(年2回開催)

2014年度
日時 6月27日(金)28日(土)9:30-18:00:
会場 アイビービジネススクール (地下鉄「なんば」駅徒歩7分) » 地図
講師安部朋子
受講料参加費 52,500円(税込)
※再受講制度ございます。
 再受講制度を活用して更なるブラッシュアップにつなげてください
対象者管理職・営業職の方、トレーナーやカウンセラーをはじめ対人関係
コミュニケーション能力向上を望む全ての方々。
※18歳未満及び疾病疾患等で通院中投薬中の方は事前にご相談下さい。
定員25名
申込締切開講2週間前
※お申込締切後も定員の関係などにより受付けられる場合も
 ございますのでお問合せ下さい。TEL.06-6647-0015
お知らせ最低開講人数(6名)に満たない場合は開講できない場合がございます。(今回は、申込多数のため、開催が決定しました)
 » 開催規定はこちらです。

講師紹介

指導する講師はTAの世界組織・ITAA(国際TA協会)の日本有数の有資格者です。 経験と実績豊かな本格派講師が真の交流分析(TA)をお伝えします。

安部 朋子 (あべ ともこ)

TA教育研究所 理事長

安部講師

米国TA協会本部公認准教授メンバーとして、実際にTAを教えることの出来る協会認定資格をもつ数少ない日本人講師の1人。 6年のアメリカ西海岸での商社勤務を経験後、人間ひとり一人が持つ素晴らしい能力と無限に広がる可能性に感動。「人間性」 に興味を持ち、交流分析士の資格取 得。専門学校教授、子育て教室から企業人トレーニングまで幅広く活躍中。

TA101とは

101というのは、アメリカでは”基礎講座”という意味があります。つまり、TA101とは、”TA基礎過程” 修得を世界的に証明するものであります。 なんだ基礎コースか・・・と思われる方・・侮るなかれ・・

本コースは国際TA協会の認定を受けた教授または准教授の有資格者しか開催することを許されておりません。 教授または准教授の有資格者とは、エリック・バーンが創案し発展した国際TA協会の提唱するオリジナルのTAの諸概念について、 正確で首尾一貫した情報を提供することができる実力を証明された方々です。
教授資格取得までには、TA理論詳細の理解だけでなく、実務経験、論文作成、口頭試験等の、様々な難関をクリアして認定される、 非常に難しい資格でもあります。

この資格を有する方は日本でも10名ほどしかおらず、TA101を実施している方は、その中でも一握りです。 同じ時間とコストをかけるなら、「質の高いTA」を勉強してみませんか?

TA理論は、机上の学問ではなく、ひとつの便利ツールです。何か問題が起きたとき、壁にぶち当たったとき、または問題には まっているのに気付かず、でもまた同じような状況に陥ってしまったとき、TAの理論をいろいろ当てはめてみてください。 今までは開かなかったドア、あるいは開かないと思い込んでいたドアが簡単に開くかもしれません。

そんなツールの使い方を教えて下さるのがTAインストラクターです。 ツールは1つかもしれませんが、人によっていろいろな使い方ができたほうが良いですよね。それを熟知しているのが、 教授&准教授の有資格者であり、自分にあった上手なTA理論の基本的なツールと使い方を学ぶのがTA101コースです。

TA理論は、使い出すと奥深くて、本当にいろいろなところで活用できるのがよくわかります。 その第1歩、貴重な基礎づくりとして、是非TA101を受講してみてください!!

そもそもTAとは・・

TAと(Transactional Analysys:交流分析)は1957年にアメリカの精神科医エリック・バーンが創案し、実用化した、 病気や行動についての理論体系であり、それを応用した心理療法です。日本では「心療内科」が生まれるもととなった理論の 1つとして有名で、カウンセリングに広く用いられています。

TAの一番の特徴は、人間の心理を図式化し、シンプルに表現をしたことではないでしょうか。エリック・バーンは人間には、 「親」の部分と「子ども」の部分と「成人」の部分の3つの自我状態があると表現しました。
自我状態を表すとき「親(Parents)」 「成人(Adult)」「子供(Child)」の頭文字をとってPACと示します。TAでは、右の3段団子みたいなPACで1人の人を表します。

両親や親適役割の人を真似たのように考え、感じ、行動する時、「親」の自我状態にいるといわれます。大人になった自分とし て適切な能力をすべて使って考え、感じ、行動する時、「成人」の自我状態のいるといわれます。
また、子供のときと同じように 考え、感じ、振る舞っているとき「子供」の自我状態にいるといわれます。

このPACの自我状態を分析しながら「今、ここ」にいる自分の思考、感情、行動等を、より客観的に理解することができます。 (パーソナリティー理論)。
他にも、PACを使い、自分達がどうやって性格を形成してきたかの過程を探ったり(児童発達理論) 、自分と他者とのコミュニケーションのパターンに気づき、改善策を考えたり(コミュニケーション理論)といった作業を行っていきます。

その他にも様々な理論がありますが、いずれの理論も簡潔で、難しい用語を用ではなく、日常の平易な言葉を使って語られてい ることから、多くの人々に理解しやすく出来ていることが世界的にTAが普及した理由でもあります。

日本では、その一部の「エゴグラム」や「ストローク」、「I'mO.K. You're O.K.」などの言葉や理論が様々な研修や勉強会で 取り入れられ紹介されているので、どこかで耳にされた方もあるのではないでしょうか?

TAは、その理論や方法をどこからでも学ぶことができ、学習後すぐに活用することも特色です。子育て、介護、夫婦関係、 親子関係、精神病の治療、営業、折衝、会社の人間関係、会社の組織運営等、あらゆる場面で活用できる、応用範囲の広さも 特徴であります。

まさに「人の介在するところにTAあり」です。

お問い合わせ

ご相談・ご質問がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

TEL.06-7777-1186 E-mail.ivyinfo@ivyjp.com 【担当】吉田