TOP  » 公開セミナー一覧  » TA入門2日集中コース  » CTA


TA

目指せCTA 国際TA協会公認交流分析士

CTAは国際資格です!!日本の資格と大きく違うのは受身では必ずしも取得できる資格ではないこと・・・
でも、TAに対しての情熱とやる気があれば必ず取得できる資格です。
実務経験が問われる資格ですので、CTAを取得する頃には誰もが認める実力がついています。 肩書きだけではない、実力を伴った資格であることは間違いありません!!

CTA取得までの道のり
取得資格国際交流分析協会公認交流分析士
Certified Transactional Analyst (CTA)
専門分野教育分野、企業分野、臨床分野、カウンセリング分野
必須課題
  • 250時間の国際交流分析協会公認の有資格者からのTA理論トレーニング(TA101、TAアドバンス、TAアドアドコースを含む)
  • 350時間の自分の選んだ専門部門に関するトレーニング(TA以外で可)
  • 150時間のTAの応用に関するスーパービジョン
  • 1500時間の実務経験
  • その他セミナーへの参加
スケジュール
  • TA101(入門コース)受講(14時間)
  • 国際交流分析協会正会員に登録(費用別)
  • TAアドバンスコース受講(70時間)
  • 有資格者メンバーと自分が選んだ特定の分野でのトレーニングを開始する契約を結ぶ (この有資格者を自分のスーパーバイザーとする)
  • TAアドアドコース受講(126時間)
  • 上記『必須課題』をこなす
  • 国際交流分析協会・資格審査委員会の第一次試験(筆記)に合格する
  • 同じく、口頭試験に合格する

CTA取得に関するFAQ

Q.取得までにどれくらい期間がかかりますか?

A.人によってペースは異なりますが、コンスタントに取り組んで4-5年が必要です。一番時間がかかるのが、実務経験です。 教師、コンサルタント、インストラクター、保育し、臨床心理士など、既に指導の場をもたれている方は、もっと短い期間で 修了するかもしれません。

Q.TAの上級コースはCTA希望者しか受けられないのですか?

A.TA101の上級に設定しているアドバンスコース、アドアドコースは、TAの知識を深めたい方ならどなたでも受講可能です。 (もちろんTA101の後にですが・・・)。CTAの資格を目指すのにはまず契約を交わします。上級コース修了後に契約を交わして、 CTAを目指すのも可能です。

Q.専門分野とは何ですか?

A.国際TAには4つの専門分野があります。臨床の対象は医師です。教育はTAを教育現場、あるいはTAの講義を行うことに よりTAの普及に努める人が対象になります。カウンセラーはカウンセリングにTAを用いて治療をされている方、企業は企業・ 組織で、TAを活用し指導・教育されている方が対象となります。

Q.費用はどれくらいかかりますか?

A.CTA取得を目指される場合、人により差はありますが、TA101、TAのアドバンスコース、アドアドコース、スーパービジョン、 グループスーパービジョンなど、もろもろ含め、100-150万円の費用がかかります。期間的に4-5年かかるとして、年間30-40万円が 目安となります。

お問い合わせ

ご相談・ご質問がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

TEL.06-7777-1186 E-mail.ivyinfo@ivyjp.com 【担当】吉田